【初開催!一箱古本市in十日町情報館出店者募集のお知らせ】

十日町市の図書館、「情報館」で初開催となる一箱古本市の出店者募集が始まりました!
情報館のボランティアスタッフとして宣伝させていただきます。
今回の一箱古本市は7月27日~8月6日まで「第8回情報館まるごと体感フェア」が開催され、その期間中に箱を置いてもらい、お客様がセルフサービスで購入するスタイルで行われます。店番の必要はありません。
個人でもグループでも十日町市民以外でも大丈夫!
本好きが集まる情報館で一箱本屋さんを開いてみませんか?

☆★☆一箱古本市in十日町情報館☆★☆
【募集内容】
《日時》7月27日(木)~8月6日(日)午前9時~午後7時
《場所》十日町情報館 2階
十日町市西本町2丁目1番地1
※2階カウンター前の展示スペースにて行いますのでまったくの無人にはなりません。
《参加費》無料
《出店資格》子どもから大人まで(中学生以下は保護者の同意が必要です)
※十日町市民以外の方でも直接搬入、搬出ができる方であれば参加できます。
《搬入》7月26日(水)午前9時~午後7時
《搬出》8月6日(日)午後4時~午後7時
    8月7日(月)午前9時~午後7時
※日程の都合がつかない方はご相談ください。
《募集箱数》20箱程度(先着順)
《締め切り》7月20日(木)
《箱について》箱は情報館で用意します。一人一箱、古本を入れて会場に設置します。
箱の大きさの目安: 長辺47.7センチ、短辺30.8センチ、奥行16.7センチ
《申し込み方法》
出店希望の方は下記の申込み事項を電話、ファックス、メールにてお知らせください。
詳しい出店方法は申込み受付後、マニュアルにてご案内いたします。
【申込み事項】
◎お店の名前(ふりがな)
◎出店者氏名(ふりがな)
※中学生以下は保護者氏名も。
◎年齢
◎住所
◎連絡先:①電話番号(必須)②FAX番号③メールアドレス
◎希望する連絡方法(①、②、③から選んでください)
◎ひとことPR(100字程度)
チラシ等に掲載します。ご自分の一箱のPRをお書きください。
(お店の紹介、本のジャンル、おすすめ本など)

【主催・申込み・問合せ先】
十日町情報館 担当:関谷・村山
Tel.025-750-5100
Fax.025-750-5103
メールアドレス saito@liveforum.jp

f0351315_21010928.jpg
f0351315_21012763.jpg
f0351315_21013670.jpg
こちらの2階カウンター前スペースに箱を設置する予定です。

☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆
今年の4月からボランティアとしてお世話になっております。
十日町情報館は映画「図書館戦争」のロケ地としても有名で、多くの映画ファンの方も訪れています。
また、「河岸段丘」をイメージした階段とスロープで結ぶ書架の空間はいつ見ても圧巻でこんな図書館が地元にあることに誇りを感じます。
テーマ展示や大地の芸術祭コーナーなどにも力を入れていたり、おはなし会やコンサートなどイベントも充実しています。
「まるごと体感フェア」期間中は一箱古本市の他にもさまざまなイベントが開催されるようですので随時こちらでもお知らせできればと思います!
十日町で初めての一箱古本市、これをきっかけに十日町や情報館に足を運んでもらえたり、新たな本との出会いにつながればといいなと思います。
ご応募お待ちしております!

[PR]
# by kaerunootyakai | 2017-07-03 21:22 | Comments(0)

6月17日(土)池田記念美術館にてフリーペーパーの設計図をつくるWS、開催しました!
一箱古本市の発起人でライター、編集者の南陀楼綾繁(ナンダロウ・アヤシゲ)さんを講師に迎え、4名の方からご参加いただきました。


まず最初はそもそもフリーペーパーとは?どんな形があるのか?本の構成、作るうえで大切なことなどなどをナンダロウさんからレクチャーしてもらいました。
そして各自持ってきていただいた好きなフリぺや雑誌を紹介!
こんな面白いフリぺがあるんだ!と発見と驚きでいっぱいでした。

その後、早速プラン出しシートと白紙の紙を使って設計図づくり!
どんな内容にするか、どんな形でつくるか、誰に向けて?などなどアイデアを出していきました。
皆さん、表現したいことが明確でそれに対する想いも熱く、各自の設計図を見ていてとてもワクワクしました。
作った設計図に的確なアドバイスをしていく南陀楼さんはさすがプロ!
なるほど!っと思うことばかりでとても勉強になりました。
司会進行役でしたが、参加者の一人としてじっくりと南陀楼さんのお話に聞き入ってしまってました。
これからのフリぺ作りの参考にしたい点がいっぱいありました。

f0351315_19291726.jpg
f0351315_19290959.jpg

慣れない司会進行で至らぬ点があったかと思いますが、このワークショップが少しでも参加された皆さんの今後の活動のお役に立てれば嬉しいです。
またどこかで開催できたらいいな~と思っております。

講師の南陀楼さん、会場を貸していただいた池田記念美術館さん、そしてご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!


[PR]
# by kaerunootyakai | 2017-06-18 20:12 | Comments(0)

久しぶりの更新です。
6月17日(土)池田記念美術館にてイベント開催いたします!

【南魚沼初開催!伝える道具、フリーペーパーの設計図を作るワークショップ】
手作りの小さな雑誌、フリーペーパー、ZINEなど紙媒体を使って自分の好きなこと、興味のあること、お店や活動のPRなど何か伝えたいと思っている方必見です!
「一箱古本市」の発起人でライター、編集者の南陀楼綾繁(ナンダロウ・アヤシゲ)さんを講師に迎え、フリーペーパーの設計図を作るワークショップを南魚沼で初開催します!
場所は一箱古本市でお馴染みの池田記念美術館です。
心の中で温めていたネタ、アイデアなどを一緒に形にしてみませんか?

《日時》2017年6月17日(土)14時~16時半
《場所》池田記念美術館 多目的ホール
南魚沼市浦佐5493‐3
《参加費》2000円(道具代+講師代含む)
《定員》10名
《持ち物》筆記用具、自分の好きな雑誌、フリーペーパー、リトルプレスなど1冊。
使いたい写真、イラスト、スケッチなど1点以上。(データではなく印刷してお持ちください)
《講師》ライター、編集者、「一箱古本市」発起人、南陀楼綾繁(ナンダロウ・アヤシゲ)さん

《講師プロフィール》
1967年、島根県出雲市生まれ。ライター・編集者。
2005年から谷中・根津・千駄木で活動している「不忍ブックストリート」の代表として、各地のブックイベントに関わる。
「一箱本送り隊」呼びかけ人。著者『路上派遊書日記』(右文書院)、『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)、『谷根千ちいさなお店散歩』(WAVE出版)『ほんほん本の旅あるき』(産業編集センター)など。
「一箱古本市」から生まれた雑誌「ヒトハコ」創刊号の編集発行人。

《当日のプログラム》
・ネタやアイデアを形にするには?ナンダロウさんからレクチャー!
・各自が持ってきた好きな雑誌、フリーペーパーを紹介。
・ナンダロウさんからアドバイスを受けながら設計図作り!
(ラフスケッチ、写真やイラストの張り込みなど…)
・各自の設計図を発表~!

※すでに作っているフリーペーパーなどがありましたら一緒にお持ちください。
ナンダロウさんからアドバイスをもらえます!

☆★☆こんな方におススメ☆★☆
・書いてみたい、作ってみたいネタはあるけれどどうやって形にしたらいいかわからない。
・今まで書きためていたイラストや文章、撮りためていた写真などをオリジナルの本にしてみたい。
・お店や活動のPRを紙媒体を使って伝えたい!
・特別なネタはないけれど、フリーペーパー興味があるな~作ってみたいな~という方。

《申し込み方法》
下記項目をFacebookページ「ブックイズム魚沼」へメッセージを送っていただくかkaoharu@kib.biglobe.ne.jp(やまぼうし文庫)までメールをお願いします。
件名「フリーペーパーWS参加申し込み」
①お名前②ご連絡先(電話できれば携帯電話、またはメール)③もし思い浮かんでいるものがあればどんなネタで作ってみたいか。

デジタル化が進む中でも紙媒体は手に取ってもらえる、手元に残る、読み返してもらえる…などの点で何か伝えるのにやっぱり強いと思います。
特別なテーマがなくても大丈夫!
少しでも紙で何か伝えることに興味がある方、おしゃべりしながら気軽に作ってみませんか?
ご参加お待ちしております!


池田記念美術館では6月1日~12日までエントランスホールにて一箱古本市開催中です!
そちらにもぜひ遊びに行ってみてください~!


[PR]
# by kaerunootyakai | 2017-06-04 20:10 | Comments(0)
春の最初の出店はナナシのマルシェ@観桜会
六日町の銭淵公園で開催中の観桜会と同時開催でした。
朝から雨が降ったりやんだりで心配でしたが始まるころには日差しが出てきて一安心!
ただちょっと肌寒さはありました…。
でも風が強く吹かなかっただけよかったです。(テントの重りを忘れてきてしまい、内心どうしようか焦っていました…)
そして、桜も見頃!!

f0351315_19262102.jpg
f0351315_19263375.jpg
f0351315_19274778.jpg
f0351315_19271231.jpg
やっぱり桜はいいですね…春だぁ~!って実感します。
家族連れが大勢お花見を楽しんでいました。

今回からの新コーナー「どうぞのタネ」!
f0351315_19264481.jpg
f0351315_19265755.jpg
あまった種や苗を持ち寄ったりまた貰って行ったりできるコーナーです。
持ち寄るときは簡単な品種名や栽培方法やメッセージなどを書き添えてこちらの棚に置きます。
すでに置かれている種も自由に持って行くことができるそうです。
種を通してのギフト的コミュニケーション!
大好評のようで見に行ったときは棚はすでにこんな感じでした。
次回のマルシェでも設置するそうなので私も参加してみたいと思います。
色んなすてきな企画を考え出す実行委員の皆さまには本当に感心させられます…!

今回の出店場所が「田んぼのなかのお菓子屋さん」や「たいやきともちゃん」などおいしいお店の近くだったので、お腹が空いてついついいっぱいおやつを買っちゃいました。
お土産用も含めて☆

f0351315_19253367.jpg
本の方もしかけ絵本中心に手にとってもらえて良かったです。
2回目の仕入れをした雑誌「ヒトハコ」創刊号も好評でまた次の仕入れを考えているところです。
久しぶりの出店で、しかも初めての場所だったので緊張しましたが気持ちの良い天気の中、楽しい一日を過ごすことができました。
遊びに来てくださった皆さま、ありがとうございました!

六日町観光協会さん主催の観桜会は4月30日(日)まで開催中です。
夜はライトアップされた夜桜も楽しめるようでこちらもきっと綺麗なんだろうなぁ~!

さて、次回の出店は5月5日(金)長岡大手通りで開催予定の長岡一箱古本市です。
その次は5月28日(日)ナナシのマルシェほくほく列車の市と同時開催の一箱古本市@六日町駅前!
両方とも出店者募集中!
詳しくは「ブックイズム魚沼」さんのfacebookページとブックスはせがわさんのfacebookページへ!
GWに本との出会いをお楽しみください!

[PR]
# by kaerunootyakai | 2017-04-23 20:10 | Comments(0)
終わってからもう2週間近くになりましたが「雑貨と洋服やさんハイネ」さんでの期間限定本屋さんありがとうございました!
ハイネさんの持つ居心地の良さの中に本を置かせてもらえてとても幸せでした。
絵本中心に手に取ってくださる方が多かったようでとても嬉しかったです。
よねづゆうすけさんのしかけ絵本はプレゼント用に購入された方もいらっしゃったようでこちらもとても嬉しくなりました(^^)
ハイネさんのフェイスブックでも本の紹介をしていただき、そのおかげもあって多くの方に買っていただくことができました。
お店番も最初と最後の土曜日にさせていただいたのですが、最初は緊張していたのですがハイネさんに来るお客さんは雰囲気がすてきな方が多くてとても居心地が良い中でお店番ができました。
新たに知り合えた方もいてお話出来て楽しかったです。
店主さんの持つ雰囲気の良さにもお客さんは惹きつけられるのでしょうね~私もその一人。
ハイネさんは店主さんに会いに行きたくなるお店です。
そんなすてきな場所で本屋さんができて改めて幸せな一ヶ月でした。
本を手に取っていただいた皆さま、本棚を貸していただいたハイネさん、本当にありがとうございました!

あっという間に3月ですね。
この時期は出店予定はありませんが、春からの出店に向けてのんびり準備をしていきたいと思います。
積読本をまた読み進めたりとインプット期間になりそうです。


[PR]
# by kaerunootyakai | 2017-03-08 20:33 | Comments(0)

本好きが高じて一箱古本市出店をきっかけに小さな本屋さん活動始めました。出店情報や好きな本のことを綴っています。


by kaoru