人気ブログランキング |

やまぼうし文庫 yamaguwa.exblog.jp

本が好きで一箱古本市出店をきっかけに小さな本屋さん活動始めました。十日町・南魚沼中心に活動中。ここでは出店情報や好きな本のことを綴っています。


by やまぼうし文庫
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

そしてもう一つの出店してきましたイベントは…

5月7、8日に開催された南魚沼のパティスリーカフェいけだや様の3周年記念祭です!
7日は店内で「ナナシのマルシェ」で活躍されている手づくり作家さんたちによる「ナナシの手しごと」雑貨市と私、やまぼうし文庫の本屋が出店!
店内はこんなすてきな感じになっていました!

f0351315_12593751.jpg

私、やまぼうし文庫はこんな感じ。
f0351315_12595501.jpg

開店前からいけだやさんの限定ロールケーキ等を求め並んでいる方々がいらっしゃって、地元の方に愛されているんだなぁ~と感じました。
いけだやさんのお菓子は私も家族も大好き!
キャラクターケーキを今度作ってもらいたいなぁ~と密かに思っています。
店内も普段はカフェスペースがありましてとても居心地が良い雰囲気なんです!
そのお店の雰囲気を壊さないように本も選んでみました。
お客さんが見に来てくれるかな~と緊張と不安でいっぱいでしたが、知り合いの方や一箱古本市を通して名前を知ってくれた方などが見にきてくださって、また新たな出会いもたくさんありました。
7日のみの出店だったのですが、いけだやさんのご厚意により二日目もお昼ごろから出店させていただけることに…!
とても嬉しかったです!

8日は外でコーヒーやパン、グリーンカレーなどの移動販売がずらりと並び、店内ではワークショップも開かれ、この日もまたとても楽しい一日を過ごすことができました。
ソファ席の近くに出店したので子どもたちがソファに座りながら楽しそうに本を読んでいる姿が見れてとても心が和みました。
小説が好きだという男の子にも出会えたりして…今後の選書の参考になります!
また、文鳥文庫にも興味を持ってくれた方も何人かいました。

それから次の課題にしなければ!と思ったことが、本のラッピング!
ちょうど母の日前後だったことをうっかり忘れていまして「母の日のプレゼントにしたい」と言ってくださった方がいたにも関わらず、ラッピングが出来なかったのです…。
せっかくだったのに申し訳なさでいっぱいになりました…。
本屋をやると決めたからにはそういう細かい部分まで考えないといけないですね…。

新刊を売るのは思っていたよりも簡単なことではない…ということが改めて身に染みました。
それでも私は本が好きだから、新刊も古本も両方大好きだから…これからも小さな本屋さんを続けていきたいと思います。
まだまだ始まったばかりです。
色々な課題を持ち帰り、整理し、今後の活動にまた生かしていきたいと思いました。

今回、いけだやさんの3周年イベントに出店できましてとても楽しく、とても貴重な経験をさせていただきました。
いけだやさんからも温かいお言葉をいただけて今後の活動の糧になりました。
改めて、いけだやさんはじめ、本を買っていただいた方、見に来ていただいた方、ありがとうございました!

次回の出店は6月の一箱古本市@池田記念美術館です!
詳細はまた後日!

by kaerunootyakai | 2016-05-19 17:01 | Comments(0)

出店してきました!

やまぼうし文庫、5月の出店が一段落いたしました。

まず、5月5日に開催された長岡一箱古本市!
今回で4回目!
私は2回目の出店です。
地元でこうして一箱古本市が開催されるようになってきたことがとても嬉しいです!

この日は天気は良かったのですが、か、風がスゴかった…!!
一日中弱まることなく吹きまくっていましたね…本のカバーが飛んだり、本自体が飛んだり…
いやはや大変でした…。
花まつりも同時開催だったのですが、中止になったイベントもあったとか…。
そんな中でも色んな方に見に来ていただけましてとても楽しかったです!
新たな出会いもまたあったりしまして、本を通して出会える縁にいつも感謝感謝です!

f0351315_12153760.jpg

今回、ひとつ新しく取り扱いさせていただけることになった本があります。
それが、文鳥社さんの「文鳥文庫」!
「手のひらに、文学を」というコンセプトで誕生した文鳥文庫。
手軽に身近に文学に親しんでもらえたらということで、長くても16ページ、10分くらいで読めてしまうものばかりです。

第一弾は以下のラインナップ

『走れメロス』 太宰治
『注文の多い料理店』 宮沢賢治
『白』 芥川龍之介
『変な音』 夏目漱石
『堕落論』坂口安吾
『檸檬』 梶井基次郎
『手袋を買いに』 新美南吉
『高瀬舟』 森鴎外

第二弾ラインナップ

『刺青』谷崎潤一郎

『雪もち』幸田文

『四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子
に出会うことについて』村上春樹

『雨のなかの噴水』三島由紀夫

『初恋』尾崎翠

『メリイクリスマス』太宰治

『賢者の贈り物』オー・ヘンリー 柴田元幸=訳

『バッタと鈴虫』川端康成

名立たる方々の豪華ラインナップ!
1セット8冊入りはオリジナルケース付き1,200円(税別)です。
1冊売りもしてまして1冊150円(税別)です。
私は第一弾を購入して一目惚れ!
題名は知っているけれどちゃんと読んだことがないなぁ~と思うものが私はいくつかありました。
人にオススメしてみたい!と思い、取り扱いを開始しました。
デザイン会社の方が作られていて装丁がとてもすてきなのです。
今後出店するイベントにも持って行こうと思いますので、ぜひ手に取ってご覧いただきたいです。

次回の長岡一箱古本市は秋頃の予定とのこと。
また参加したいと思っています!


by kaerunootyakai | 2016-05-18 12:36 | Comments(0)

春の出店予定は…

f0351315_15014267.jpg

「好きなことをやりなさい」
水木先生の本にはいつも元気をもらっています。
大好きです。

さて、春のやまぼうし文庫出店予定は…

5月5日(木)長岡一箱古本市 11時半~16時
長岡大手通りカーネーションプラザ前にて。
当日は「花まつり」「フリーマーケット」なども同時開催!
ホコ天の長岡大手通り楽しみ盛りだくさんですよ!

5月7(土)、8日(日)パティスリーカフェいけだや3周年記念祭10時~17時
南魚沼の美味しいお菓子とカフェとランチが楽しめるすてきなお店、いけだや様の3周年記念祭に出店させていただけることになりました!
私は7日のみ出店です。
こちらは新刊で出店いたします!
お店の雰囲気に合った本を持っていきたいと思っています。
雑貨販売や地元の美味しいパンやコーヒーのお店も出店予定とのことでお客さんとして行くのも楽しみです!

「ことりつぎ」テストケースをきっかけに新刊本も取り扱ってみたいという気持ちが強くなり、色々調べてみたところ(株)子どもの文化普及協会という本の専門卸会社を見つけたのです。
お店を持っていなくても取引できるかどうか問い合わせ、相談させていただいたところ、無事取引できるようになりました。
大きな本屋さんみたいな品揃えは難しいけれど、色々な場所で色々な本との出会いを届けていけたらいいなという想いで自分なりの小さな本屋さんを作っていきたいです。

それぞれの出店に向けて準備頑張ります~!

by kaerunootyakai | 2016-05-03 21:24 | Comments(0)