人気ブログランキング |

やまぼうし文庫 yamaguwa.exblog.jp

本が好きで一箱古本市出店をきっかけに小さな本屋さん活動始めました。十日町・南魚沼中心に活動中。ここでは出店情報や好きな本のことを綴っています。


by やまぼうし文庫
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

6月17日(土)池田記念美術館にてフリーペーパーの設計図をつくるWS、開催しました!
一箱古本市の発起人でライター、編集者の南陀楼綾繁(ナンダロウ・アヤシゲ)さんを講師に迎え、4名の方からご参加いただきました。


まず最初はそもそもフリーペーパーとは?どんな形があるのか?本の構成、作るうえで大切なことなどなどをナンダロウさんからレクチャーしてもらいました。
そして各自持ってきていただいた好きなフリぺや雑誌を紹介!
こんな面白いフリぺがあるんだ!と発見と驚きでいっぱいでした。

その後、早速プラン出しシートと白紙の紙を使って設計図づくり!
どんな内容にするか、どんな形でつくるか、誰に向けて?などなどアイデアを出していきました。
皆さん、表現したいことが明確でそれに対する想いも熱く、各自の設計図を見ていてとてもワクワクしました。
作った設計図に的確なアドバイスをしていく南陀楼さんはさすがプロ!
なるほど!っと思うことばかりでとても勉強になりました。
司会進行役でしたが、参加者の一人としてじっくりと南陀楼さんのお話に聞き入ってしまってました。
これからのフリぺ作りの参考にしたい点がいっぱいありました。

f0351315_19291726.jpg
f0351315_19290959.jpg

慣れない司会進行で至らぬ点があったかと思いますが、このワークショップが少しでも参加された皆さんの今後の活動のお役に立てれば嬉しいです。
またどこかで開催できたらいいな~と思っております。

講師の南陀楼さん、会場を貸していただいた池田記念美術館さん、そしてご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!


by kaerunootyakai | 2017-06-18 20:12 | Comments(0)

久しぶりの更新です。
6月17日(土)池田記念美術館にてイベント開催いたします!

【南魚沼初開催!伝える道具、フリーペーパーの設計図を作るワークショップ】
手作りの小さな雑誌、フリーペーパー、ZINEなど紙媒体を使って自分の好きなこと、興味のあること、お店や活動のPRなど何か伝えたいと思っている方必見です!
「一箱古本市」の発起人でライター、編集者の南陀楼綾繁(ナンダロウ・アヤシゲ)さんを講師に迎え、フリーペーパーの設計図を作るワークショップを南魚沼で初開催します!
場所は一箱古本市でお馴染みの池田記念美術館です。
心の中で温めていたネタ、アイデアなどを一緒に形にしてみませんか?

《日時》2017年6月17日(土)14時~16時半
《場所》池田記念美術館 多目的ホール
南魚沼市浦佐5493‐3
《参加費》2000円(道具代+講師代含む)
《定員》10名
《持ち物》筆記用具、自分の好きな雑誌、フリーペーパー、リトルプレスなど1冊。
使いたい写真、イラスト、スケッチなど1点以上。(データではなく印刷してお持ちください)
《講師》ライター、編集者、「一箱古本市」発起人、南陀楼綾繁(ナンダロウ・アヤシゲ)さん

《講師プロフィール》
1967年、島根県出雲市生まれ。ライター・編集者。
2005年から谷中・根津・千駄木で活動している「不忍ブックストリート」の代表として、各地のブックイベントに関わる。
「一箱本送り隊」呼びかけ人。著者『路上派遊書日記』(右文書院)、『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)、『谷根千ちいさなお店散歩』(WAVE出版)『ほんほん本の旅あるき』(産業編集センター)など。
「一箱古本市」から生まれた雑誌「ヒトハコ」創刊号の編集発行人。

《当日のプログラム》
・ネタやアイデアを形にするには?ナンダロウさんからレクチャー!
・各自が持ってきた好きな雑誌、フリーペーパーを紹介。
・ナンダロウさんからアドバイスを受けながら設計図作り!
(ラフスケッチ、写真やイラストの張り込みなど…)
・各自の設計図を発表~!

※すでに作っているフリーペーパーなどがありましたら一緒にお持ちください。
ナンダロウさんからアドバイスをもらえます!

☆★☆こんな方におススメ☆★☆
・書いてみたい、作ってみたいネタはあるけれどどうやって形にしたらいいかわからない。
・今まで書きためていたイラストや文章、撮りためていた写真などをオリジナルの本にしてみたい。
・お店や活動のPRを紙媒体を使って伝えたい!
・特別なネタはないけれど、フリーペーパー興味があるな~作ってみたいな~という方。

《申し込み方法》
下記項目をFacebookページ「ブックイズム魚沼」へメッセージを送っていただくかkaoharu@kib.biglobe.ne.jp(やまぼうし文庫)までメールをお願いします。
件名「フリーペーパーWS参加申し込み」
①お名前②ご連絡先(電話できれば携帯電話、またはメール)③もし思い浮かんでいるものがあればどんなネタで作ってみたいか。

デジタル化が進む中でも紙媒体は手に取ってもらえる、手元に残る、読み返してもらえる…などの点で何か伝えるのにやっぱり強いと思います。
特別なテーマがなくても大丈夫!
少しでも紙で何か伝えることに興味がある方、おしゃべりしながら気軽に作ってみませんか?
ご参加お待ちしております!


池田記念美術館では6月1日~12日までエントランスホールにて一箱古本市開催中です!
そちらにもぜひ遊びに行ってみてください~!


by kaerunootyakai | 2017-06-04 20:10 | Comments(0)